食生活の悪化がニキビの原因だった

私はフリーランスで仕事をしています。去年非常に大きな仕事が舞い込み、睡眠時間が削られる程忙しくなりました。
私の将来が大きく変わる位の大切な仕事だったので、休憩も取らず睡眠も3時間程しか取らずで疲労は蓄積されていきました。
食事はカップ麺や菓子パン、買いだめていたチョコレートや菓子類といったもので空腹を紛らわす状態でした。
私自信は気が張っていたので「疲れた」などとは感じなかったのですが、ある日何気なしに鏡で自分の顔を見て驚きました。
鏡に映っていた私の顔は大袈裟では無く野菜の「ゴーヤ」みたいだったのです。
頬に無数の吹き出物ができ、思春期の男の子みたいに赤く腫れ上がっていました。
かなりショックでしたが、仕事の手を止める分けにもいかず、何も処置をしないまま放っておきました。
私と離れて暮らす母が遊びに来て、部屋の散らかり具合と、私の鬼の様な形相に見かねて暫くうちに泊まって身の周りの事をしてくれるようになりました。
仕事も大詰めで更に忙しくなる感じだったので非常に助かり感謝しました。
母の作る家庭料理は私を奮い立たせてくれ、持久力もついた感じがしました。懐かしい手作りクッキーやお団子なども作ってくれて、私の食事情だけは改善されましたが、徹夜をしなければいけないくらいに忙しさは増し、最後は「根性」だけでやっていました。
ある日シャワーお浴びにお風呂場に行き鏡を見ると、何とあれだけあった吹き出物がキレイに無くなっていたのです。
驚いて考えましたが、思い当たる事は「母の食事」だけでした。他は何の変化も無かったからです。

女性の方などが特に気にする吹き出物について

女性の方なんかが特にニキビや吹き出物を気にされますよね??それもそのはずです。女性の美容にとってそれらは天敵ですから。しかしながら、そういったニキビや吹き出物にも原因というものがございます。
それはまさしく、ホルモンバランスの乱れです。一般的に、ニキビや吹き出物が出来るのは女性によく見られるイメージがありませんか??それもそのはずです。なぜなら、女性は男性と違い、生理不順、妊娠、出産などでホルモンのバランスが男性に比べて非常に崩れやすいのです。しかし、こういうニキビや吹き出物にもそれなりの特徴がございます。
それは何かというと、ニキビや吹き出物はお年頃の年代の10代や20代に多く出現するという事です。何分、感性豊かで感受性の盛んな年頃なのでホルモンの分泌も盛んなのです。したがって、こういったものは、年齢を重ねるにつれて、徐々に消えていく傾向にあります。実際に見てもらえれば分かるように、おじちゃんやおばちゃんでニキビや吹き出物が顔中に出来ている人を見かけますか??おそらくほとんどいないと思います。ですから、若い時だけですので安心して下さい。

私のニキビケアについてお話しします

私は中学生時代にニキビが出来始めて以来、現在までずっとニキビケアを行ってきました。
私のニキビケアは中学時代の「アーモンドなどのナッツ類を食べない」や「チョコレートを食べない」がまず最初のニキビケアにおける食生活で気をつける点を守る事から始まりました。
そして段々、色々とニキビケアに対する知識が付いてきて、それらのニキビケアに関する情報を頭の中に入れて整理してからどのニキビケアが自分にとって重要かを判断してから自分に合ったニキビケアを実践する様にしたのです。
私が行ったニキビケアの内で代表的な物はまず、洗顔でした。
洗顔と言ってもただ顔を洗うのではなく、ニキビケア専用の洗顔料を使って優しくしかし汚れを顔に残さない様に丹念に顔を洗顔する事が重要でした。
そしてそのニキビケア洗顔を行った結果、私のニキビは徐々に症状が軽くなっていったのです。
そしてそのニキビの症状が軽くなった時に更に私はあるニキビケア方法を追加しました。
そのニキビケアはニキビケア洗顔料と同じメーカーのニキビケアクリームを就寝前にニキビのある部分に丁寧に塗り込む、というニキビケアでした。
これを行った事によるニキビの症状の改善は確かに見られました。

仕事のストレスでニキビが増えた

ニキビや吹き出物は思春期になると出やすいですが、私は社会人になってからよくニキビが出るようになり悩んでいました。

知人からも社会人になり働き始めると色んなストレス等が溜まり吹き出物が出やすくなったとお互いに話をしていて、やはりストレスが大きな原因かなと思いました。

慣れない仕事を一生懸命こなしていると精神的にも疲れてきますし、上司からも色々と怒られたりもしますから精神的には結構辛い状態でした。

特に1日中パソコンでの作業なので、汗も沢山かいたりもしてたので余計にニキビが出やすい状態になっていたと思います。

もう本当にニキビは治したいと思い、皮膚科に行き飲み薬を処方され暫く飲み続けているとニキビは改善されるようになっていきました。

休日にはジョギング等もするようにし、外の空気を吸いながら走るととても気持ちも良いのでストレス解消になりました。

仕事にも慣れ始めていくと普段の生活もコントロールできるようになり、徐々にニキビは出なくなっていきました。

やはり社会人になりたての場合は慣れない生活でニキビは出来やすくなると思いますが、睡眠をしっかりととるようにして自分なりのストレス解消法があるとお肌の負担も減ると思うので、ストレス解消法はあった方が良いと思いました。

混合肌は気が付きづらい?

日本人に多いとされている混合肌なのですが、年齢などに関係なく20代から30代といった若い世代の方も、多くの悩みを抱えているとされています。
そもそも皮膚というのは、その部位によって役割も違っていることから、肌質は違っていて当然なのです。
関節や筋肉などが多く、よく活動をするような部位と、意識的に動かさなければ動かない部位というものがあるわけですから、当然と言えば当然でしょう。

他にも頭皮を始めとして、毛に覆われているような部位と、そうではない部位とでは、肌質が違うというのは、言われなくてもなんとなくは実感しているものでしょう。
ただし、同じ顔という部位に関してだけでも、混合肌の方は、その場所場所によってのスキンケアが必要になってくるということだけは、しっかりと覚えておくべきです。

混合肌というのは、本人が自覚しづらい肌質だと言われています。
ですから、大抵の場合には、何かしらの肌トラブルが起こった際に、やっと自分は混合肌ではないかという疑念や自覚症状を持つとされているのです。
油症かと思って、顔全体に油症のスキンケアを行ってしまった結果、Uゾーンを中心として肌荒れが起き、更にはニキビなどの出来物が出来てしまうことによって、おかしいという自覚症状を持つのです。

ニキビができる前にストレスを減らすこと

多くの方と同じく、思春期の頃はニキビに大いに悩まされていました。しかし、大人になってからは収まっていたのですが、数年前からは再びニキビに悩まされるようになりました。何か変化があったかというと、お仕事の環境が変わりストレスフルな生活を送るようになりました。同時に、仕事も忙しくなり、生活が不規則になったと思います。これも肉体的なストレスと考えると、心身ともにストレスが多くなったといえます。この変化を感じた頃からニキビができやすくなったのです。
不規則な生活を送るとニキビができやすいといいますが、私の経験では不規則な生活は肉体的・精神的ストレスが大きいからだと思います。ストレスは身体に様々な悪影響を及ぼしますが、その一つにニキビがあるのだと考えています。ですので、ニキビを予防するためにはこの環境を改善することが重要だと思っています。実際に、疲れがたまった、あるいはストレスがたまったと思うと、のんびりする時間を作るようにしているのですが、この対策がうまくいくとニキビはできにくくなりました。さすがに、統計を取ったわけではないのでどのくらいということは言えませんが、私にとってはよいニキビケアになっています。
ストレスなどでニキビができると考えられる方は以上の対策を参考にしてみてはいかがでしょうか。

大人ニキビの対策

大人になっても生活の乱れなどからニキビができる事が多いですが、やはり社会人生活の中でお酒を楽しんだり夜更かしをしたりはストレス発散にもなるので、肌をいたわる為には控えたいですがなかなか出来るものではありません。
ですので、この様な楽しみを満喫しつつ大人ニキビが出来た場合に速攻で治す方法があります。
それは、外食以外の食事の際に出来る限りサラダや果物を食べる事と沢山のお水を飲む事、そして市販のビタミン剤など肌にいいサプリメントを積極的に摂る事です。
まず、サラダや果物ですが、栄養素も高いですし肌にも良い成分が豊富なので出来る限りサラダを食べる様にしています。サラダは切ってそのまま食べても良いですし、ノンオイルドレッシングで食べても美味しいし、とにかく簡単に出来るのでランチ用にも朝に簡単に作れます。
また果物も切るのみなので朝軽く食べて残りをオフィスでのランチやおやつ代わりに食べる事で、ムダにお菓子を食べずにすみますし、お菓子を食べない事で大人ニキビをより防ぐ効果もあります。
そしてサラダと一緒に沢山のお水を飲む事も大切です。沢山のお水を飲む事により身体の中から綺麗になれて老廃物を沢山排出する事が出来るので、肌にもとても良い影響が出てダイエット効果も期待出来ます。
そして、サプリの力も同時に借りる事でより早く治す事が出来ますし、飲み続ける事で大人ニキビを防ぐ事も出来ます。